付き合い

トマト

腎臓病とは一体どんな病気なのでしょうか。腎臓は大きさは大人の握り拳くらい、腰のあたりに2個ある臓器です。働きは体の中の老廃物や水分を濾し取り尿を作り膀胱に送ります。そのため人間が生きていく上でとても大切な臓器です。何らかの原因で腎臓が弱ってしまい、正常な働きができなることを腎不全といいます。 腎臓病になると厳しい食事療法が始まります。腎臓はとてもデリケートな臓器なので、高血圧や高タンパクにとても弱いのです。そのため1日に摂取できるタンパク質と塩分、腎臓病の程度によっては水分量まで制限されてしまいます。しかし実際に食事療法を始めるとなるととても難しいものです。働いている方は特に厳しいでしょう。 そんな時利用したいのが宅配食やコンビニの商品です。腎臓病の方専用の宅配食というサービスが普及してきています。栄養士が考えた見た目も華やかな食事を味わうことができ、食事療法も行えるので安心です。またコンビニの惣菜の良い点は、成分表記がとても細かにされていることです。成分を確認して購入することができます。

もし宅配食を利用する場合はインターネットやカタログで希望の商品を電話、FAX、ネット申し込みで行うだけです。もしネット環境がない場合でしたら、最寄の健康センターや保健所に相談してみることも可能です。食事の種類は冷凍から冷蔵まで選べます。自分の好みや生活スタイルにあった食品が選べ、お手軽で便利ということも宅配食の魅力です。 コンビニで食事をする場合は、商品に書いてある成分表示を参照してください。インスタントラーメンやスナック食、生野菜などを選ばなければ、意外に食べれる食品が多いと思います。またコンビニでの食事療法の選択は、お手軽で成分がしっかりとわかる点から栄養士や医師も推奨しています。価格もお手ごろなので簡単にはじめられます。