食事療法のコツ

いろいろな野菜

腎臓病の食事療法には、一般の人が実施するのが難しい事があります。宅配サービスを利用すると、効率良く実施できます。宅配サービスを利用する場合には、専門業者のサイトなどを利用すると、メニュー情報などを参照できます。

機能の低下などについて

鮭と和食

腎臓の機能が低下しすると、老廃物の排出等がうまくいかなくなる。腎臓病治療における食事療法において重要なのがたんぱく質・塩分の制限だ。食事療法を続けるためには、本人・家族にとっても負担の少ない宅配食サービスを利用することも一つの手段である。

付き合い

トマト

腎臓病と上手く付き合うためには、どんな病気なのかをしっかりと確認しておく必要があります。そうすることによって様々な対策ができるのですが、中でも注目すべきなのは食事療法です。

食事療法を考える

ファイルと医師

腎臓病は自覚症状が現れにくいから注意したほうが良いですよ!宅配サービスを利用すれば、快適に食事療法を行なうことができます。

腎臓病の食事療法は、腎臓病の進行を遅らせることが主な目的です。腎臓病の治療法は確立していないので、通常は完治が難しく、腎不全への進行を遅らせる唯一の効果的な方法が食事療法です。 腎臓の機能が低下していくと、尿素や、ナトリウム等の排泄機能も弱まりだるさやむくみ、高血圧などの原因になります。食事療法は、これの原因となるたんぱく質や塩分を制限し必要な分だけ摂るということです。具体的な食事の内容を自分で決めて制限することはお勧めできません。塩分の制限は実際かなり我慢を必要とするので、個人の力だけでは難しいのが現実です。必ず主治医や管理栄養士の指導を受けて、本人だけでなく家族やサポートしている人が理解し身につけ取り組みましょう。

具体的には、腎臓病の食事療法には3つのポイントがあります。まず、たんぱく質を摂り過ぎないことです。たんぱく質は、体内で代謝されると老廃物が出ます。老廃物は腎臓でろ過され尿として排泄されるので、たんぱく質を摂りすぎると腎臓への負担が増えます。 次に、エネルギー量を十分確保することです。たんぱく質を制限することで一般的にエネルギーが不足します。エネルギーが不足になると、せっかくたんぱく質を制限しても、自分の体のタンパク質を分解してしまいます。不足するエネルギーは、糖分やマヨネーズ、ドレッシング等の脂肪分で補います。 最後に、塩分を控えることです。塩分に含まれるナトリウムの排泄機能が低下すると、血圧が上がり、体はむくみます。高血圧の方では、塩分制限がとても大切です。 その他、カリウムやリン等も制限される場合もあり、とても個人では管理できません。主治医や管理栄養士の指導を受け体調管理に取り組みましょう。

オススメリンク